はむはむ競馬塾

競馬=ギャンブルだけではない。小学生の頃から競馬が大好きな競馬歴22年目+猫好き+美容健康男子+好奇心旺盛な私が、「競馬」のことを様々な角度から捉え、競馬を絡めながらお金、仕事、勉強、恋愛、美容健康etc…などを学び、人生に活かしていく競馬塾です(^^)競馬を知っている人は目線を変え、知らない人には競馬を知るキッカケになってほしいです。競馬が絡まないこともあります。。

競馬にも仕事にも恋愛にも活かせる、お酒を飲む3つの効果

皆さんはお酒を飲みますか❓️

私はビールとワインが好きで飲むのですが、それでも週に3~4日しか飲みません。
1日辺りの量もビールなら350mlを1本、ワインからグラスに1~2杯ほどと少なめです。
お酒を飲みすぎるのはもちろんNGですが、ほどよく飲めば様々なメリットを享受することができます。

f:id:hamuhamu18:20191212170732p:plain

 

創造力が上がる

 
創造力が上がるという効果はお酒の専売特許なのでは❓️と思えるほどに素晴らしいものです。

何か新しいものを考えたり、アイデアが欲しかったりなど、そういう場面で創造力は必要です。


それだけでなく、例えば仕事や勉強など、何かに行き詰まった時にも使えます。

創造力が上がることで物事を違った視点で捉えることができるからです。


これは馬券を考える時にも使えます。

お酒を飲む前と飲んだ後では視点が変わり、捉え方が変わるため、普段意識しないような点に目が行き、普段とは違う予想ができるかもしれません。

予想に行き詰まっていてもお酒の力で突破できるかもしれません。


なぜお酒を飲むことで創造力が上がるのか❓️


それはお酒を飲むことで注意力や集中力が落ちる代わりに創造力が上がるからです。


注意力+集中力を引き換えにして創造力を得るという具合です。

何かに取り組んでいて行き詰まったり、創造力が必要な物事に取り組んでいる時にワインを1杯、ビールを1杯飲んでみると乗り越えられるかもしれません。


ちなみにかのルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンもお酒の力を借りて作曲していたそうです。

 

健康に良い

 
心臓病や心臓発作のリスクを下げてくれます。

死亡率を下げてくれるというデータもあります。
1981年にマーモット博士が発表した「飲酒と死亡率のJカーブ効果」と呼ばれるものです。

ただ、 少し古いデータですし、普段お酒を飲まない方が無理に飲む必要はないと思います。


それとメンタルに対する健康にも効果があり、例えばワインやウイスキーの香りにはリラックス効果があると言われています。


ビールの香りにはアロマ効果があるそうです。


でも普段お酒を飲まない方や、ワイン、ウイスキー、ビールが苦手❗️という方には向かないかもしれませんが、そういう効果もあるのでメンタルにも良いです。


個人的にはコーヒーの香りの方が癒されます♪
私はコーヒーが大好きなので♪


他にもコミュ力も上がるので、コミュ力が上がれば周りとも上手く話せ、そういう意味でもメンタルに良さそうです。

 

ビールゴーグル効果で狙った異性をゲット!

 
ビールゴーグル効果というものをご存じでしょうか❓️


ビール(お酒)を飲めば飲むほど性欲に対する抑制力が落ちることです。

簡単に言えば異性がセクシーに見えてきて「抱かれてもいいかも」と思わせる効果という感じです。

 

男性が女性と飲みに行って一緒にお酒を飲み、そのままお持ち帰りする…
この行動はまさにビールゴーグル効果を活用したものです。


先ほど延べた通り、お酒を飲めば注意力や集中力が落ちますし、狙った女性とお酒を飲みに行くことができればもうその女性と一線を越えるのは簡単かもしれません。


狙った女性をゲット!と言いましたが、「彼女にしたい」など、そういう点では向いていないかもしれません。


あくまで一夜限りの関係の場合にはこのビールゴーグル効果は最強です。


男性でなく、女性がこの効果を活用しても良いですか、こんな効果を活用しなくても女性から誘われれば男は喜んで誘いに乗るでしょう。(ブスじゃなければ)


ちなみに、ビールにはホルデニンという化学物質が含まれており、ドーパミンの分泌を促す効果があります。(ノンアルコールビールでもOK)

競馬でも馬券を100円でも買えばドーパミンが分泌されるので、ビールを飲んで馬券を買ったらドーパミンが大量に分泌されるかもしれません。

www.hamuhamu5.com

 

(おまけ)二日酔いの科学的効果

お酒を飲みすぎると起こる二日酔い。
頭痛い~気持ち悪い~となり、良くないイメージしかありませんよね。

でも二日酔いになることにも意味があって、一言で言えば「飲みすぎを抑えるため」です。

身体が拒絶反応起こして、それ以上お酒を受け付けないようにしているのです。


でもその逆で「迎え酒」というものもありますよね。

一見バカな行為に見えるこの迎え酒にも、実は科学的な理由があります。


そもそも二日酔いの一因は、お酒に少量含まれているメタノールです。

このメタノールが分解されて有害物質になり、あの二日酔い特有の吐き気や頭痛を引き起こします。


そんな時、ビールやワインなどのお酒を迎え酒として飲み、エタノールを摂取します。


メタノールエタノールも同じ酵素によって分解されますが、その順序は必ずエタノールが先です。


そのため、迎え酒をすればメタノールの分解が後回しにされるため、頭痛や吐き気が起こりにくくなります。


一見バカな行為に見える迎え酒にも、意外にキチンとした科学的な理由がありました。

 

お酒の飲みすぎは身体も心も壊しますが、上手く活用すればメリットを得ることができそうですね♪


人気ブログランキング