はむはむ競馬塾

競馬は仕事から恋愛にまで役立てられる!幼少期から競馬が好きな私が競馬をギャンブルのみならず、色々な視点で捉える。競馬が好きな人も競馬を知らない人も色んな視点で見てほしい。

失敗したら死ぬという環境で、人はチャレンジを続けられるのか?

チャレンジしなければ何も始まりません。


でももし、チャレンジの失敗が死に繋がるとしたら、どうでしょう❓️

f:id:hamuhamu18:20200116140301j:plain


5回失敗したら命を奪われる

もし、私たちの世界がこんな環境だとしたら、人はチャレンジをするでしょうか❓️

 

 

 

人間の場合

 

チャレンジなんて恐らくしないでしょう。
チャレンジなんてせず、現状維持で今のまま、平穏に暮らすでしょう。


ではチャレンジという考えを除き、仕事でもなんでも良いですが、「5回失敗したら命を奪われる」という環境だったらどうでしょう❓️


もちろん失敗にも大小があるので、営業に例え、目標としている契約数に達しなかった場合とします。


例えば、月に10件、何かの契約を得ることが目標として、ダメなら命を奪われる

こんな状況に置かれた場合、人はどうするでしょう❓️

マジか

となってとりあえず行動に移すでしょう。

移さざるを得ません。


初めの数日は命を奪われるという実感が少ないかもしれません。


そんな時、隣の席に座っていた同僚がいなくなりました。

命を奪われたからです。

それを見てどうするでしょう❓️

  • めちゃくちゃ焦り、死に物狂いで契約を取るのか
  • メンタルが崩壊して犯罪を犯すか
  • 家に引きこもって死を待つか
  • 耐えられなくなり、自殺するか

色々考えられますが、とりあえず追い込まれているという点は同じです。

こんな風に追い込まれると、間違いなくストレスでメンタルも胃もやられます。


仮にこの月はノルマを達成したとしても、来月、再来月も同じことが繰り返されます。


そうなった時、人はどうなるでしょう❓️


とまぁ、これはあくまで想像の世界です。


人間の世界はこんなに過酷ではありません。

 

競走馬の場合

上記の例えは競走馬の世界の話です。

f:id:hamuhamu18:20200108193216j:plain


競走馬の世界は、こんな感じの世界です。

ダメなら命を奪われる

 

www.hamuhamu5.com

 でも競走馬が普通に走っていられるのは、それを認識していないからです。


ちなみにこのダメとは、成績が悪いということです。

1回も勝つことができずに引退する馬はざらにいます。


もし、競走馬が「ダメなら命を奪われる」ということを認識していたらどうでしょう❓️


恐らくメンタルがやられ、まともに走れないでしょう。

逆に、死に物狂いで走るかもしれません。

人間に襲いかかるかもしれません。


とにかく普通に今、私たちが見ている競走馬の走りとは全く違うものになるでしょう。


それが、競走馬の世界


競輪や競艇とは大きく違います


競輪や競艇にこんなブラックな面はありません。

自転車も艇も物なので、基本的に殺されるという概念はありません。


競馬のように生き物と生き物がコンビを組んで行う競技というのはとても魅力的ですし、面白いです。


でも、名目が生き物というだけで、弱い馬って物のように扱われて一生を終えている気がしてなりません。

 

でも競馬に関わる全ての人、競馬が好きだと思っている人のうち、どれだけの人がその点に疑問を抱いているでしょう❓️

これは騎手や調教師、生産者も含めてです。


強い馬に乗って勝って喜んでいるだけが一流でしょうか❓️


強い馬を生産することだけで良いのでしょうか❓️

 

こういうことは表に出ません。

お金にならないからです。


競馬ファンが求めるものは基本的に強い馬+馬券が当たるための情報だけです。

 

昔の私もそうでした。

馬券はともかく、強い馬にばかり焦点を当てていました。

それが普通なのかもしれません。


でもやはり、強い馬の陰には勝てない馬がいるということを忘れてはなりません。

それも含めて競馬なのだから、そこから目を背けて競馬が好きだとほざいてほしくはないです。


恋愛でもそうですよね。


相手の良い部分も悪い部分も含めて好きなわけです。


だって良い部分だけを見て、良い部分だけを好きになるのって、おかしいですよね❓️

それは本当の意味での好きではないですから。


どんな物事にも良い部分と悪い部分があります。


競馬の楽しみ方も向き合い方も人それぞれですし、個人の自由ですが、ほんの少し意識を変えるだけで見えるものは変わります。


弱い馬にも意識を向けてあげましょう。

 

その馬がどうなるのかまで

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ