はむはむ競馬塾

競馬は仕事から恋愛にまで役立てられる!幼少期から競馬が好きな私が競馬をギャンブルのみならず、色々な視点で捉える。競馬が好きな人も競馬を知らない人も色んな視点で見てほしい。

なんとなく貯金するくらいなら本気で競馬に使う方が圧倒的に有意義な理由

こんばんは♪

はむはむ競馬塾のスカーレットです(^^)/

 

コロナウイルスによる経済対策として、国民一人に10万円給付することが正式発表されました。

Facebookのとある人たちはこのお金を競馬に使うなんて言っていましたが、そういう行動をされると競馬の品位が下がります。(そもそも日本の競馬に品位なんかないかもしれないけど)

まぁ何に使うかは個人の自由ですが、あなたは何に使いますか❓️

家計がピンチの場合は家計のために使うでしょう。

そうでない場合はやっぱ貯金ですか❓️

f:id:hamuhamu18:20200416221612j:plain

あなたは貯金していますか❓️

なんか節約とかしまくって貯金が趣味的な感じになっている人って多い気がします。

  • 「1000万円貯めました❗️」

的な。


日本人って世界中で最も貯金が好きだと言われるくらいに貯金します。

国民全体の貯金額は約960兆円ほどあると言われており、これは日本のGDP約530兆円を遥かに上回ります。

f:id:hamuhamu18:20200217165955j:plain


なぜ日本人ってこんなに貯金するのでしょうか❓️

そもそもどんな目的で貯金をしていますか❓️


ちなみに私は貯金より投資します。(貯金が苦手というのもあります)

 

特に目的もなくなんとなく貯金するくらいなら、本気で競馬に使う方がいいです。

なぜだと思いますか❓️

 

なんのために貯金する?

ただなんとなく貯金をしているのが一番無駄な行為です。

そんなことをするくらいなら本気で馬券を買う方が確実に有意義です。

得るものも多いですしね。


あなたは何を目的に貯金していますか❓️('_'?)

  • 将来が不安だから
  • いざというときのため
  • 留学する資金を貯めるため

この3つの場合なら、3の場合なら理解できます。

明確な目的を持っているので。


でもその他の場合ってどうでしょう❓️

いざという時のために貯金があるのは望ましいので、給与の3ヶ月分くらいは貯めておいてもいいでしょう。

でも別に目的もなくそれ以上貯める必要はありません。

お金があるから将来への不安が消えるわけでもないですし。

結局お金って使わなければ単なる紙切れです( ・∇・)


でも日本人は貯金が好きです。

目的をもって貯金をするというか、貯金をすること自体が目的になっている人も多いです。


仮に1000万円貯めることを目的にして貯めたとして、何がありますか❓️

そのお金をどうするんですか❓️

使わないお金に価値がありますか❓️


別に悪いというわけではありません。(むしろスゴい)

節約して貯めることも立派です。

 

貯金から得られる効用として自信が持てるというものがあります。

貯金をすれば、その資産が自分に自信を与えてくれるんです。


ただ、貯金をして自信を得たとしても、その自信は貯金がなくなれば消えます

だから貯金が減るのを恐れ、その自信を保つために貯金を続けるでしょう。

そうなると、知らず知らずのうちにお金目的で働くようになり、お金を使うことを避けるでしょう。


例えば100万円貯めたとしたら、そのお金を使おうと思いますか❓️

それともそのまま貯めておこうと思いますか❓️


人は現状を維持したいという感情がありますし、頑張って貯めたお金が減るというのは貯金をよりどころにした自信を無くすことにも繋がります。

貯金があればなんとなく自信が付きますが、これは本物の自信ではないんです。


本物の自信を付けたければ知識や経験を身に付けることです。

本を読んだり新しい経験をしたりすれば、人として成長できます。

これこそが本物の自信です。


お金は盗まれる可能性があっても、自分の知識や経験が盗まれることはありません


ただ貯金することほど無駄なことはありません

もしその貯金を残したまま死んだとしたら、そのお金は無駄です。

もちろん相続されたりしてそれで満足ならかまいませんが、コツコツ貯めたのに、一切使うことなく死んだとしたら、もったいなくないですか❓️


貯めたあと、必要な場面が訪れたら惜しみなく使うべきです。

大事なのは貯めたお金をどうするかです。

 

貯金するなら馬券買え

この貯金するならというのは、特に目的もなく貯金するならという意味です。

 

何度も言いますが、ただ貯めておくことほど無駄なことはありません

可愛い服を買ったのに、外に着ていくのがもったいなくてずっとクローゼットにしまいっぱなしみたいなことです。

お金に期限はありませんが、使わなければ宝の持ち腐れ。

使わなければただの紙切れです。


だったら有意義に使いましょう

必要な場面が訪れたら、惜しみなく使うべきです。

でも単に浪費するだけではダメです。


お金の使い方って大きく分けて2つに分けることができます。

  • 一時的な喜びを得られる消費
  • 将来、新たな収入となってお金が戻ってくる消費

例えば1万円を誰かに貰ったとして、そのお金をあなたならどう使いますか❓️

  • 本を買う❓️
  • 美味しいものを食べる❓️
  • 宝くじを買う❓️
  • 服を買う❓️

色々な選択肢があります。


そもそもこの1万円はタダでゲットしたものですし、気兼ねなく使えますよね♪

でもせっかくならただなんとなく消費するより、将来を見据えて投資的な感じで使う方が良いです。


上に挙げた4つの例は全て捉え方次第で得るものは色々あります。

でも確実に投資として将来収入を得ることに繋がるものは本を買うことです。


本を買って読めば、そこから知らない知識を得ることができます。

その知識を自分の人生に活かして行動する。

間違いなく1万円以上の価値があります。


そして個人的にオススメなのが馬券です。

 

馬券って将来収入になって帰ってくる投資的な使い方には思えませんよね❓️

確かになんとなく買うだけでは単なる消費ですし、1万円以上の価値があるとは思えません。

だって馬券が外れれば、文字通り1万円は消えます。

本とは違いますよね( ´△`)


そういう意味では競馬を知らない方にはあまりオススメできませんが、ただなんとなく貯金しておくよりは確実に有意義です。


競馬、馬券の効用に関してはこのブログで色々書いていますが、競馬を知らない人でも

という効用を得ることができます。


ドーパミンの効果はご存じの方も多いとは思いますが

  • 快楽を得られる
  • やる気アップ
  • 行動力&認識力アップ

など、あらゆる効果があります。

ドーパミンを分泌させる方法は色々ありますが、馬券を100円買うだけでも大量に分泌されます。

www.hamuhamu5.com

仮に競馬のことなんて何も知らなくても。


このドーパミンと相互作用があるエストロゲンというホルモンがあるのですが、これはドーパミンが増えると増えます。

だからドーパミンは女性ホルモンにも繋がります。

 

  ・女性(ウマジョ)が馬券をたった100円買うだけで綺麗になれる理由とは

 

競馬のことなんて知らなくても、馬券を買ってドキドキするだけで得られます。


この先は競馬を知った上で深掘りして考えられる人でなければダメかもしれませんが

  • 恋愛に活かせる
  • 仕事や人生に活かせる

など、捉え方次第、考え方次第で色々活かせます。

www.hamuhamu5.com

www.hamuhamu5.com

www.hamuhamu5.com

なんとなく貯金してそのままにしておくよりは間違いなく有意義です。


もちろん馬券でなくても、本を買ったり海外旅行に出掛けて新しい景色を見たりなどもめちゃくちゃ有意義です。(競馬を知らない方はこっちの方がいい)

自己投資になり、将来収入となってお金が帰ってくる可能性があります。(その人の捉え方次第ですが)

 

最後に

  • お金は使うことで初めて意味が生まれる
  • お金は何かを得るための引換券


貯金は大切ですが、それ以上に大切なのは

  • 貯まったお金をどうするか

です。


だからこそお金の使い方も学ばなければなりません

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

 
MIND OVER MONEY 193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実
 

仮に月収が20万円だとしても、お金の使い方次第で不自由なく楽しく有意義に暮らすことができます。


そのためにはまず

  • このお金があれば他に何が買えるか?

を常に自問自答することが大切です。

1000円出してビールやおつまみを買う時、1000円あれば他に何が買えるか❓️を考えます。


私なら本や馬券です。

一般的に考えれば本が最も有意義でしょう。


でも競馬玄人の私は馬券もとても有意義です。

本も馬券も私にとっては将来収入となってお金が帰ってくる可能性があるものです。


たった1000円と思うかもしれませんが、それも使い方次第です。

ましてや普通の一般人の場合なら生涯年収も見えています。

お金の使い方で人生が変わりますし、貯金する前に使い方を知る必要があるかもしれません(^-^)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ