はむはむ競馬塾

競馬は仕事から恋愛にまで役立てられる!幼少期から競馬が好きな私が競馬をギャンブルのみならず、色々な視点で捉える。日本一変な競馬ブログ(週5更新)

大腸がんで陽性反応が出ても検査を受けない人が衝撃的にヤバイ理由

どうも♪

はむはむ競馬塾のスカーレットです。

 

人間は楽観的です。

でもさすがに、今はコロナウイルスの影響で楽観的ではいられませんね。

外出自粛中には新型コロナウイルスで外出を自粛している間に絶っっっ対にやらなければならない5つのことを行って是非とも健康に対する意識を変えてほしいです。

 

競走馬は特別楽観的というわけではないと思いますが、少なくとも過酷な環境で生きているという自覚はないですし、毎日の食に困ることもないため、それなりに楽観的❓️なのかもしれません。

www.hamuhamu5.com

人間は特に健康に対して楽観的です。

日々の食生活の乱れや運動不足など、明らかに身体に悪いにも関わらず、意識を向けません。


私が意識を向けてほしいと思っている座りすぎに対しても、意識をしている人は少ない気がします。

 

座りすぎればあらゆる病気のリスクが上がりますし、メンタルにも悪いですし、肥満の原因にもなります。


もっと意識を向けてほしい。

競走馬には自分で自分の健康を意識することすらできないのだから。

 

健康第一という意識が甘い

座りすぎによって健康を害するというのはご存じかもしれませんが、ガンのリスクも上がります。(私の祖母は大腸ガンで亡くなりました。母も今の生活習慣のままでは健康がヤバイ)


その中でも今回は大腸がんに関してです。

女性のがん死亡率1位の大腸がんですが、座りすぎよって30%も罹患する確率が上がるそうです。


例えばシドニー大学が中心となって行った調査結果。


調査では、オーストラリア国内の45歳以上の男女22万人を3年近くにわたり追跡し、期間中に亡くなった人たちの生活スタイルを調べるということを行いました。


すると、1日に座っている時間が4時間未満の成人と比べ、1日8~11時間座る人は15%、11時間以上だと40%も死亡リスクが高まるということが分かりました。


そして大腸がんは30%乳ガンは17%も罹患リスクが上がるそうです。


でもこんな文章を読んでも、人は「自分は大丈夫」だと根拠もなく思ってしまいます。


ヤバイ❗️とはなかなか思えないのが人間ですよね。


でも人間ならそのヤバさに意識を向けることができます。

f:id:hamuhamu18:20200417214001j:plain

競走馬には走ること以外は何もできません


自分の健康を意識するなんて、そんなことはできません。(健康管理は人間が全てやってくれるため、そういう意味では人間より競走馬の方が健康を害するリスクが低いのか)


ちなみに大腸がんで陽性反応が出たにも関わらず、再検査をしない方は30%にも上るそうです。

楽観的な証拠です。


再検査を受けない理由として

  • 検査結果はたまたま
  • 病院に行く時間がないetc…

医学の知識もない一般人が、勝手に「○○だから」と安易に決めつけ、何の根拠もなく大丈夫だと決めつける。


健康に対する意識の浅さです。

 

自覚症状が出てからようやくヤバイと思い始め、焦り、行動に移す


これが人間の性質ですよね。


健康に限らず、基本的にどんな物事でも「自分は大丈夫」と思い込んでしまいます。

ちなみに再検査を受けない理由としては、他にも

  • ガンが見付かるのが怖い

という理由もあるそうですが、陽性反応が出ている時点で危険なわけです。


怖いのは、ガンが見付かることですか❓️

それとも、ガンが進行して命が脅かされることですか❓️


便潜血検査の際に血が付いているのが「痔だから」という理由付けをして再検査に行かない人も多いそうです。

この痔に関しては、痔があろうと無かろうと、検査に明確な関連はないという論文も出ているそうです。


大腸がんの場合は腸内で血が付き、便全体に混ざりますが、痔の場合は肛門付近で血がつきます。

痔が原因で陽性になる確率は2%とも言われています。

痔がある=陽性というのは勝手な思い込みです。


ちなみに、痔がないのに痔があると思い込む人もいるそうなので、勝手な思い込みは禁物です。


でもまぁ内視鏡検査ってちょっと怖いイメージや恥ずかしいという感じがありますが、自分の健康を考えれば絶対に受けるべきです。

 

競走馬のように管理される方が良い?

私たちは自由です。

好きなものを好きなだけ食べることができますし、運動をするかしないか、タバコを吸うか吸わないかetc…


全て自分次第です。


でもその日々の過ごし方で健康は変わります。

それは健康だけでなく、美容にも影響を与えます。


私は美容健康男子ですし、見た目も中身も含めて常に若々しさを保ちたいですし、死ぬまで夢や目標に向かって行動したいので、8年ほど前から食生活や運動をすることを意識しています。

私が使用している下記は厳選3つ

California Gold Nutrition 食物繊維&乳酸菌系 サプリメント 300億 CFU, 60ベジカプセル [並行輸入品]

(新型コロナウイルス対策に腸を元気にし、免疫力を高めるのにめちゃくちゃオススメ。腸には人間の免疫細胞のうちの約70%が存在しています。)

[海外直送品] ナウフーズ [ お得サイズ ] アルファリポ酸 250mg 120粒 

(コエンザイムQ10、ビタミンCと共に併用すれば最高)

 

進化版 ステッパー 健康ステッパー ミニ 家庭用 ウォーキングマシン パワーバンド付き 足踏み ダイエット マシン ウォーキング エクササイズ 運動器具 脂肪燃焼 トレーニング 歩行 有酸素運動 山登り感覚 耐荷重100KG フィットネス 足踏み機 昇降運動 基礎体力強化 日本語説明書 (黄・黒色)

(座っていてもステッパーを踏めば、座りすぎの改善+運動になります)


不足している栄養などはサプリメントから摂取し、運動は自宅で行っています。


私もまだまだ未熟ですし、この8年の間にも色々アップデートしながら行ってます。


美容健康に意識を向けている人は一定数いるでしょうが、意識を向けていない人の方が多いです。
その要因の1つが自由すぎるからです。

  • 私たちの世界がもっと縛られた環境だったら❓️
  • 競走馬のように管理された環境だったら❓️

健康を害するリスクは減るでしょう。


でも、競走馬のように管理された環境だったとしたら、楽しみは半減します。

半減どころか、自由に選択することができないわけなので、日々の些細な出来事に対しても楽しさや幸せを感じるかもしれません


人は何の意識もなく当たり前にスマホをかまいますが、管理された環境であれば、スマホをかまう時間も制限されます。

もしかしたらかまえないかもしれません。


そうなれば、スマホのありがたみやスマホをかまえる楽しさを痛感します

失ってみないと日々のありがたみに気付くことはできません。


健康も同じです。

健康でいる時には気付きません


病気になって自覚症状が表れてから焦り

  • もっと早く病院に行けばよかった
  • 生活習慣に意識を向ければよかった

などと後悔します。


自由なのは人間の良い面でもありますが、健康を害さないためにはある程度の制限が必要なのかもしれません。


競走馬のように管理され、制限されるのはキツいですが…

まぁでも初めから、この世に生まれた時からそういう環境で生きていれば別ですよね。


こういう恵まれた環境で生まれ育ったからこそ、競走馬の環境を過酷だと感じてしまうのかもしれませんし

 

最後に

「自分は大丈夫」

なぜそう思うのでしょうか。

そこにはどんな根拠がありますか❓️


医学の知識もない一般人が、何の根拠もなく自分は大丈夫だと思い込むことがいかに愚かなことか


大腸がんは早期発見であれば9割以上が治癒します。


もし仮に

  • 私は別に早死にしてもいい

そう思ったとします。

確かに命はあなたのものです。


でも周りにいる家族や友人などはどうでしょう❓️

あなたに対して早死にしてもいいと思っているでしょうか❓️

自分の親にそんな風に思いますか❓️


私の母は職業柄、お酒やタバコに接する機会が多いです。(母自身もタバコを吸いますが)

タバコが気になる方はタバコを明日から止めてコロナウイルス対策&見えない恐怖から逃れませんか?もご覧ください♪

 

こんな記事を書いても、全ては本人の自由です。


でも生活習慣を改めてほしいと思いますし、病気になってほしくないと思います。

思いますけど、結局は本人の意思次第です。

もっと、自分の健康に意識を向けてほしい。

 

おまけ

f:id:hamuhamu18:20191215165612j:plain

上がパスタ、下がドリンクのお散歩パスタ

競馬に絡めて❓️やっていきたいことです。

以前も載せました。

www.hamuhamu5.com

とりあえずは座りすぎを減らす&混雑した場所でも食べ歩きを快適に❓️

あとはちょっと面白いかな❓️という感覚。


この形状でやりたいことは色々あります。


例えば、ニューヨーカーの間でパスタの食べ歩きというものがありますが、飲み物も一体化させたいです。(上の写真は試作)


8年ほど前に思い描いたことで、時間が経ってしまいましたが、のんびりやっていきます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ